エルガー公演を終えて(2017年1月26日)

21日のカフェ・モンタージュ(京都)での公演がすでに終了していますが、なにも書いていなかったので、少し一言加えようと思います。
当日には、当初の40名という定員を大きく超えた54名の方々がお越しになり、コンサートは大盛況でした。お越しになったお客様にはもちろん、モンタージュ主催者や後援協力して頂いた方達にも深くお礼を申し上げます。

16105675_1192852074162844_7296055438745842883_n

 

公演のプログラムは、J.S.バッハによるヴァイオリンとハープシコードのためのソナタ ト長調 BWV1019、そしてエルガーによるピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ短調 Op.82 でした。
聴衆の方達からは好評も多く、公演をかなり満喫してもらえたようです。上記のプログラムを通して見せどころ・ポイントは多数あったかと思います。音色そのものを好んだ人もいれば、曲の解釈を好んだ人もいました。その中でも個人的に私にとって最も重要だったのは、私らしい独自の発想とスタイルに気づいてもらい、そしてそれを評価してもらえたことでした。この公演には、日本・フランスで長年に渡って先駆的存在とされている大音楽家・教育家、森悠子先生も同席されました。正統で厳格で納得させることは至難の業である彼女のような方から、音色とスタイル両方で賛辞を頂けたのはとても光栄でした。
私は、音楽に対して特別なこだわりがあり、自分が学んで磨き上げた美学・哲学を如何に効果的に影響させ、新しい発見を求める意欲的な人々に順応させるかを考えてきました。私の音楽へのアプローチは、多くの人々のそれとはかなり異なると思います。それ故に、すぐに受け入れることのできる人もいれば、時間が掛かりながらも最終的には受け入れることができる人、断固として受け入れることのできない人もいるでしょう。苦難も多く待ち受けています。これは辛抱強さと信念をもってこそ可能であり、しかしそれでこそ、目的を達成するに至るまでの過程というのが、私が考え得る中で唯一の最も素晴らしい宝物なのです。
公演活動はこれからもまだまだ続きます。随時更新していく予定です。
松川 暉

コメントを残す