ウィーン音楽月間 (2017年5月18日)

==========================================================================================

6月18日(日)のカフェ・モンタージュでのウィーン音楽コンサートの予約受付が今日からスタートです。

=>http://www.cafe-montage.com/prg/170618.html

ウィーン出身の作曲家やウィーンと深い関わりのある音楽を中心に構成したプログラムで、1時間の密度の濃い音楽会となりそうです。席数は40までで、満席になり次第予約受付は締め切られます。忘れずに予約しましょう!
==========================================================================================
そもそも、このウィーン音楽月間とは何なのか?どのようにして始まったのか?
数か月前、カフェ・モンタージュのオーナーの高田さんと次回のプロジェクト企画について議論していました。私は以前からウィーンに焦点を当て、ウィーンの音楽だけを特別に集めたコンサートシリーズを熱望していました。その理由は2つ:
1.ウィーンという街は非常に特殊で魅力的でもありながら、私たちが目にするものといえば、テレビでのドキュメンタリー番組や恒例のニューイヤー・コンサートくらい。それ以外でウィーンの音楽にさえ接する機会がないといのが日本の大半の人たちの現状です。ましてウィーンの人たちの暮らしがどんなものかを知っている人たちはかなり少ないということでしょう。
2.とはいえ、私の個人的な感想としては、カフェ・モンタージュのある京都とオーストリアのウィーンは似ている所が多いと思うのです。どこが似ているのか、については今後のブログでも詳細に書いていきますが、音楽や芸術を学び研究することで、この両者は予想外に共通点が多いということに気付くことになるのではないかと思います。

 

その後話し合いを重ねた結果、様々な具体的案やリストアップしたい曲目などが多数候補に挙がり、とても1回や2回の公演では扱えないということで、このウィーン音楽祭とやらの代物が誕生したわけです。そのため、6月18日の公演にはない数々の曲も、この一連のウイーン音楽祭の中で取り上げられています。
ウイーンや更にはヨーロッパに渡航する機会に恵まれない人たちにとっては、音楽・芸術の世界でウィーンという街を散策する絶好のチャンスです。この音楽祭が終了した頃には、あなたのウィーンに関するイメージや感じ方は大きく変わっていることでしょう。ウイーンへ旅立つきっかけにさえなるかもしれません。
まずは手始めに、この6/18公演でウィーンの本格的音楽を体験してみてください
==>「ウィーン流儀」6月18日(日)20:00
またウィーンについては様々な角度から事細かにブログで特集する予定です。
松川暉

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s